新規ページの作成方法

  1. step 1 新規ページの編集画面へ
    管理画面左のメニューの「ページ」を選択し、新規作成を選択します。
  2. step 2 記事を作成する
    記事の作成で使用するエディタは、
    ビジュアルエディタとテキストエディタの2種類から選択することが可能です。
    エディタは、編集フィールド右上のタブを押すことで切り替えることができます。

     

    ビジュアルエディタ…ブログのように直感的に記事を作成できるモード
    テキストエディタ…htmlを使用して記事を作成するモード(専門的な知識が必要)

  3. step 3 記事を投稿する
    記事の内容を入力し終わったら、ページ右側の[更新]ボタンを押し、記事の投稿を完了させます。
    記事は投稿するだけでは、どのページからもリンクが貼られていない状態なので、
    サイドメニューなどからリンクを貼ることで閲覧してもらうことが可能になります。

 

 

【ビジュアルエディタの使い方】

ビジュアルエディタは、ブログやwordなどに似ているので、

感覚で使える方も多いと思いますが、癖のある部分も多いのでご一読ください。

エディタを使う際のブラウザは、GoogleChrome、safariの使用を推奨します。
(Internet Explororなどの他のブラウザでも更新は可能ですが、
テーブルや行の隙間にカーソルを合わせづらいことが多いため非推奨です。)

■ コピー、ペースト、切り取りについて
コピー= Ctrl+c
ペースト(貼り付け)= Ctrl+v
カット(切り取り)= Ctrl+x
を押すことによりコピー、ペースト、カットができます。

※webサイトに表示されているテキストをコピー&ペーストすると、
一見分かりませんが裏の部分ではHTMLタグごとコピー&ペーストされてしまいます。
そうすると表示が崩れることがあるので、
webサイトからコピーしてくる場合は、エディタメニュー【編集】→
【テキストとしてペースト】にチェックを入れてからペーストします。

■ 改行について
改行には二種類あります。

①Shift + Enter を押す改行(文章内での改行に使用する一般的な改行)
・文章の中で改行したい場合はこの改行を使う。
・何行分も空ける「余白」としてこれは使用せず②の改行を使用する。

②Enter を押す改行 (ブロック(要素)を追加する改行)
・この改行を使うと改行の前と後で要素が分かれる。要素として1つである文章の中で改行したい場合は①の改行を使用する。
・一回Enterを押すごとに1行分スペースが空くので余白を取りたいときにはこれを使用する。 

 

■ リビジョン(復元)機能の使い方

「ページの内容を間違えてしまい、元に戻せなくなって困った」といったときも慌てないでください。

記事内容は自動保存されているので、復元することが可能です。
画面右上に「リビジョン:(数字) 表示」という項目があります。
「表示」をクリックすると、ページ内容が左右に2つ並んで出てきます。
左が過去の内容、右が現在の内容です。
その上にある青いボタンをドラッグすることで、過去に保存していた色々な日時の記事内容を見ることができます。
現在の記事と違う箇所は、色がついているので、見比べて復元したい日時の記事を見つけます。
[このリビジョンを復元]をクリックし、復元します。

 

各ボタンの説明(エディタ左上のボタンから順に記載)
メディアを追加

記事に画像を挿入する時に使うボタンです
1.画像を挿入する方法 [メディアを追加]をクリックし、メディアライブラリの中にある画像を記事内に挿入します。
新しくアップロードする場合は、左上の[ファイルをアップロード]から追加します。
2.挿入した画像の回りに余白を挿入する方法 記事中に挿入した画像を選択して、「画像の挿入/編集」のアイコンを押します。
上部にある「詳細」タブをクリックし「上下余白」、「左右余白」にピクセル数を入力することで画像に余白を設定することができます。
入力が完了したら「OK」を押します。

「Add Slider」…スライダーを追加
作成したスライダーをこのボタンで追加できます。

「B」…太字
文字を太字にします。

「I」…斜体
文字を斜体にします。

「U」…下線
文字に下線を引きます。
(例)これはダミーテキストです。

「ABC」…打ち消し線
過去に書いた文章を修正したい場合などに使います。
例)これはダミーテキストです。

「x2」…上付き文字
文字を上付きにしたい場合に使います。
(例)AAA注1

「x2」…下付き文字
文字を下付きにしたい場合に使います。
(例)AAA注1

フォントファミリー
フォントの種類を変更します。

フォントサイズ
文字の大きさを変更します。
(例)これはダミーテキストです。(20px)
(例)これはダミーテキストです。(16px)

リンクの挿入・編集
選択中のテキストにリンクを指定します。
ボタンを押して表示される欄にリンク先のURLを入力するか、キーワードを入れてサイト内のページの中からリンク先を選択し、リンクを貼る事ができます。
「リンク設定」で「 リンクを新しいタブで開く」を選択すると、リンク先のページが別タブで開きます。 

リンクの削除
リンクの設定を削除します。

画像の挿入・編集
上部にある「詳細」タブをクリックすると「上下余白」、「左右余白」と入力欄があるのでこれにピクセル数を入力することで画像に余白を設定することができます。
※画像の挿入は(1)で説明されている「メディアを追加」から行います。 余白機能以外に関しましては使用しません。

動画を挿入・編集
youtubeの動画を埋め込む場合は、[埋め込む]を選択し、コードを貼り付けます。
また動画だけでなく、googleマップなどの、iflameを使った埋め込みもここから貼り付けます。
サイズにピクセル数を入力することで指定したサイズで表示させることができます。
「ソース」「代替ソース」「ポスター」に関しましては使用しません。

テーブル
表を挿入します。

左配置
文字、画像の左寄せ。

中央配置
文字、画像の中央寄せ。

右配置
文字、画像の右寄せ。

両端揃え
文章の右端と左端をきれいに揃えます。

インデントを増やす
文字、画像の右に余白をつくる(21を打ち消す)

インデントを減らす
文字、画像の左に余白をつくる(20を打ち消す)

特殊文字

顔文字

テキスト色
文字の色を変えます。 (例)これはダミーテキストです。

背景色
背景の色を変えます。 (例)これはダミーテキストです。

取り消し
一つ前の状態に戻ります。

やり直し
一つ後の状態に進みます。

テキストとしてペースト
webサイトに表示されているテキストをコピー&ペーストすると、一見分かりませんが裏の部分ではHTMLタグごとコピー&ペーストされてしまいます。
HTMLタグごとペーストされてしまうと表示が崩れることがあります。
このような場合はエディタメニュー【編集】→【テキストとしてペースト】にチェックを入れてからペーストすることでタグを排除してテキストだけペーストすることができます。

書式設定をクリア
指定した書式設定を無効にします。