HOME > 社長コラム
社長コラム
平成27年6月吉日

宮崎県日向市に、「杉製材」の新工場が竣工しました!

IMG_1343 IMG_1402 IMG_1355

●6月初旬、日本一の製材メーカーさんが、宮崎県日向市に新しい工場を建設され、その竣工式に
 ご招待を頂きました。光栄にも、鏡割りのご指名を頂きました。

●新しい工場で製材する木材は「国産の杉」です。
 15万坪の広大な敷地内には、製材工場はもちろん、乾燥工場、バイオマス発電所、原木置場、
 製品置場が配置されています。
 さらには、近い将来、集成材工場(柱)も立ち上がる予定との事です。
 兎に角、広い!!

●国や県からの補助金はあるとはいえ、莫大な設備投資です。経営者として単なる損得勘定では
 無く、大いなる「志」が無ければ出来ることではありません。
 日本の住宅には、外材では無くやはり国産材を使用するのが一番ではないでしょうか。
 広い意味で地産地消です。
 住宅資材に国産材を大量に使用し、結果として、森林の活性化を図ることは、森林自体にとって
 とても良いことであり、日本の国土を美しいままで子孫に残していくことと、全くイコールです。
 「日本の森林を守っていくのだ!」
 この製材メーカーの社長さんにはそんな《使命感》を感じました。

●このたび、竣工式に参加させて頂き、この製材工場の社長様の「製材にかける思い」に
 触れることで、私たち「マノモクおうちパーク」も、
 地元日進市、およびその近郊にお住いの皆さまに、より良い住環境をご提供するという
 「使命感」に、もっともっと磨きをかけないといけない事を、改めて感じました。

マノモクおうちパーク 真野穣司

平成27年 6月吉日

27年度新卒採用 最終選考~内定書授与式

IMG_2096 IMG_2106 IMG_2163

●今年5月よりスタートした「新卒採用プロジェクト」ですが、6月18日に実施した
《第6次最終ミッション》を見事クリアーした3名の優秀な若者を採用することが出来ました。
 ありがとうございました! 感謝いたします!!

●社内から選抜されたプロジェクトメンバーの頑張りで、マノモクの経営理念に共感する、
 マノモクの社風に合った人材を採用することが出来、とてもうれしく思います。

●夕方から長久手の天然温泉「ござらっせ」で温泉につかった後、
 別室にて内定書授与式を行いました。
 ご両親からの激励のお手紙を読み上げた際には、3名とも熱い感謝の涙をこらえることが
 出来ませんでした。こっちも、もらい泣きです。 
 皆さんとても素直な良い子たちばかりです!

●昭和14年に創業したマノモクは、今から24年後に「創業100年」を
 迎えることになりますが、その際にはこの3名の若者が、
 マノモクの「ど真ん中」にいることを心より期待します!!


マノモクおうちパーク 真野穣司

平成27年5月10日

来春新卒採用 マノモク「会社説明会」開催

IMG_1518 社長プレゼン② 説明会

●5月の初旬、来春大学を卒業する予定の4年生の皆さんに向けて、
3日間に渡り合計6回の「マノモクグループ:会社説明会」を実施しました。
事前準備がしっかりと出来たおかげで、80名もの学生さんがご参加下さいました。
本当にありがとうございました! 感謝です。

●マノモクグループの採用基準は、立派な学歴や、知能指数の高さや、性格の良さではありません。
ただただ、「私たちの企業理念」に共感して頂けるか否かです。
私たちが実施する「理念共感型採用方式」には、筆記試験や性格判断は一切無く、
私たちが考案したグループワークを通じて、私たちマノモクの理念への共感度を判断し、
最終的な採用の合否を決定していきます。

●自分が最も尊敬する京セラの創業者である「稲盛和夫さん」は、
人生や仕事の成果は、考え方と能力と熱意の「掛け算」だとおっしゃいました。
つまり、人生・仕事の結果=考え方×能力×熱意という図式です。

●能力と熱意は、0~100なのですが、考え方だけは、マイナス100~プラス100なので、
考え方がマイナスだと、どんなに能力や熱意があっても、その結果が、マイナスになってしまうと
いうことです。
私たちもまさにその考え方に共感しています。

●どんなに能力の高い方に入社して頂いたとしても、私たちの目指す「経営理念」に共感することが
出来なければ、目指す所が異なるということなので、いずれは会社を退職する可能性がとても高くなります。
大卒新入社員において、入社後わずか数年で会社を退職することは、お互いにとても不幸なことです。
ですから、私たちは採用時にその点をしっかりと確認して参ります。

●マノモクグループの会社説明会においては、社長自らが1時間たっぷりと時間を使って,
「理念の大切さ」と、会社の命題ともいえる「存続」に関してプレゼンを行います。 真剣勝負です!
そして、社長の話を通じて、マノモクの「経営理念」に納得・共感して頂いた方のみ、
2次以降の選考に進んで頂く事になっています。

●いよいよ、5月半ばより2次選考会が豊田市にある「マノモクの本社」にて開催されます。
私たちは全力でマノモクグループの素晴らしさをアピールして参りますので、
参加する学生さんも与えられた課題に全力で取り組んで頂き、マノモクという会社への
理解を深めて頂きたいと思います。

●組織を構成するのは「人」です。
 そしてその「人」で組織の未来が決まっていくのは間違いありません。
 マノモクは今年で創業76年です。あと24年で創業100年という節目ですが、
 その時に、マノモクの「ど真ん中」に存在する《人財》を是非とも採用したいと思います!

マノモクおうちパーク 代表取締役 真野穣司

平成27年4月4日

全社会議~全社コンパ  名駅「ウインク愛知」にて

71-1 71-2 71-3-t1

●新入社員の皆さんを迎え、初めての「全社会議~全社コンパ」でした。全社員125名、誰一人かけることなく全員参加で出来たので、本当に良かったです。

●第一部は、マノモクスピリット手帳の7ページから9ページに書かれてある、「30の質問」について、グループごとに討議して頂きました。

1.自社が3年後どんな会社になろうとしているか知ってますか?
7.1日の仕事の段取りや行動スケジュールを立てていますか?
16.話をする時には、プラス発想の言葉で行っていますか?
21.今の仕事は自分の能力に適したものになっていますか?
26.上司は会社とプライベートをちゃんと切り離していますか?
30.今の仕事を通じて自分自身が成長していると思いますか?

●正直、出来ていないことも多く反省しきりですが、単に出来ていないからダメだと言うのではなく、不甲斐ない現実の姿をしっかりと受け止めつつ、理想の姿と現実とのギャップを自分への戒めとして、それでも理想に近づくよう努力する事がとても大切と思っています。

●第二部はコンパですが、初めての試みとして「腕相撲大会」を開催しました! 優勝賞品もあったので、皆必死です! 
腕相撲がこんなに盛り上がるなんて、ちょっとびっくりしましたが、なんと優勝は、マノモクハウジング物流チームのうら若き女性でした。
幹事も色々とアイデアを出して、盛り上げてくれます。
次回の全社会議~コンパは、7月4日(土)開催します。

マノモクグループ 代表取締役 真野穣司

平成27年4月1日

マノモクグループの入社式

70-1 70-2 70-3

●今年は、大卒生4名と高卒生6名の合計10名の新卒を採用させて頂きました。株価も随分と上がり大企業の業績も好調で、最近に無く採用難を感じながらの半年間の採用活動でしたが、とても優秀な社員さんを採用できたと確信しています。

●新入社員の皆さんにおかれましては、これまで学生さんという身分で、社会からは比較的大目に見てもらえるケースもあったことと思いますが、これからはそんな訳にはいきません。
一人前の社会人として、場合によってはマノモクと言う会社を代表する人間として社会から判断されることになります。

●考え方、服装、ヘアースタイル、歩き方、食事の仕方、時間に関する観念、挨拶、電話のかけ方・・・などなど、社会人としてのふさわしさが要求されるのです。

●仕事においても、プライベートにおいても、周囲から要求されるレベルがこれまでとは異なり、戸惑う事やご苦労されることも多々あるかとは思いますが、周りの先輩方の援助や指導をを精一杯受けながら、若者らしく失敗を恐れず果敢にそれぞれの課題に真正面からぶち当たり、一歩ずつ一人前の社会人として成長しながら、1日も早く周りの皆さんから期待される存在になることを、心から祈っています。

●新入社員の皆さんには、まずは正しい「仕事観」というものを是非とも身に付けて欲しいと思います。

≪何のために働くのか?≫

決してお金の為や生活の為に働くのではなく、「仕事の苦労を通じ、自己成長することで、人格やスキルなど実力を身に付け、その実力を自分だけでは無く、家族や友人や仲間など関わるすべての皆さんを幸福にする為に、惜しみなく使う!」・・・という仕事観が、建前では無く、心の底からそうだと思えるようになるように、先輩の皆さんが、仕事を通じて単なる技術だけではなく、毎日、マノモクスピリット手帳を活用しながら、心の教育をして参ります。

㈱マノモクグループ 代表取締役 真野穣司

55件