HOME > 社長コラム
社長コラム
平成26年10月4日

今期、第3クオーター終了しました!

59-1-t1 59-2-t1 59-3-t1

●今期、第3クオーターが終了しましたので、全社員の皆さんに栄のガスビルに集まって頂き、業績の報告をしました。

(ちなみにマノモクGは12月決算です。第一は1月~3月、第二は4月~6月、第三は7月~9月、第四は10月~12月です)

●予算を達成しているチームもあれば、未達のチームもありますが、未達のチームは最後まで絶対にあきらめることなく数字に喰らいついていくこと。達成しているチームは、慢心することなくさらに上を目指すようにお話しさせて頂きました。
いずれにせよ、これから12月までの最後の頑張りが、今期はもちろんですが、マノモクの未来の成功に結びついていく事は間違いありません。
業績が良くても悪くても、マノモクの社員として、前を向いて堂々と歩いて頂きたいと思います。

今期の終わりには全チームが目標を達成して、全員で勝利の美酒を味わいたいものです。

●会議の後は、コンパです。全員、遠慮なくお酒を頂きます。
これまでを振り返って、反省すべきは反省し、健闘を称える所は惜しみなく拍手を送る。
そして、残りの3か月は悔いの無いように一生懸命仕事をし、目標達成を目指して、最後まであきらめることなく数字に喰らいつく事をお互いに誓い合います。

●コンパの終了時には、「明日からまたやるぞぉ~!」と全員が決意した、素晴らしいコンパでした。
皆さん、お疲れ様でした。

マノモクおうちパーク 代表取締役 真野穣司

平成26年8月22日

こだわりのマンションリフォーム完成です!

58-1-t1 58-2-t1 58-3-t1

名鉄豊田線の「日進駅」から歩いて5分の駅近にあるマンションに、こだわりの最高級リフォームをしました。
来月、オープンハウスを実施しますので、出来るだけ多くの皆様方に見て、触れて頂き、その良さを体感して頂きたいと思います。

リビングの顔を決める床材には、森の王様とあがめられる「無垢のオーク材」を使用し、壁には全面「珪藻土」を塗り込みました。

時の流れと共に陳腐化するのではなく、深みを増していく、自然素材を、ふんだんに使用しました。とっても良いですよ!

また、断熱性能を徹底的に追及し、万全の断熱対策を施し、結露・ダニ・カビといった、健康を害する危険性をほぼ除去しました。

加えて、マンションで一番の悩みである「収納」に関しては、何と驚きの収納率12%を確保です。

現在マンションにお住いの皆さま、本当にごめんなさい!
この部屋を体験したら、もう今までのマンションに住めません!
マンション住まいのお悩みをすべて解決したと言っても、過言ではありません。

是非とも、ご自身でお確かめ頂きたく思います。

マノモクおうちパーク 代表取締役 真野穣司

平成26年7月1日

㈱マノモクビルド 設立のお知らせ

56-1-t1 56-2-t1 56-3-t1

これまでのマノモクハウジング「建て方チーム」と「施工チーム」を、子会社として分社化し、㈱マノモクビルドという新会社を立ち上げました。

今後、建て方や施工事業のさらなる拡大をしていく上で、マノモク本来の流通業、製造業、販売業と、「建て方」や「施工」などいわゆる職人仕事というものを、一つのルールや、同じ休日・給料などの待遇を用いて、事業運営していくには、ちょっと無理があるので、思い切って分社化する事にしました。

30名弱の所帯ですが、木造住宅の建て方と、リフォーム工事の両方を請け負います。今期、1年間の建て方件数は、500棟を超す予定ですが、建て方請負専門会社としては、間違いなく日本一です。
数年後に年間:1000棟を目指して、増員はもちろんですが、様々な環境を整備して参ります。

来年には、「職人育成塾」を開塾し、社外からも研修生を受け入れ、一人前の職人を育成し、建築業界の職人不足に対して、何らかのお役立ちが出来れば良いと考えています。

今後、東京オリンピック、リニア、名古屋駅前再開発などの大型工事が目白押しで、ますます職人不足に拍車がかかりますが、このことをマノモクグループにとってのビジネスチャンスに繋げて参ります。

いずれ関東方面に、マノモクビルドの支店を開設出来たら良いと考えています。
マノモクビルドを、今後ともご贔屓下さい。宜しくお願いします。

マノモクおうちパーク 代表取締役 真野穣司

平成26年6月26日

来年大卒採用者 内定しました!

55-1-t1 55-2-t1 55-3-t1

今年5月10日の「会社説明会」に始まり、およそ1か月半かけて、多くの学生の皆さんとのお見合いを進めて参りましたが、第5次選考を経て、見事結婚(内定)する事になりました。

第5次選考のミッションは「学生4名で力を合わせて、家1棟、上棟をすること」です。
弊社の「建て方チーム」の指導を受けながら、額に汗しながら力を合わせて、見事1日で上棟を完了しました。
達成感あったと思います。

上棟と言っても、本社駐車場にある「実験棟」ですが、それでもやる事は本物の上棟とほぼ一緒です。
午後4時近くには完了し、餅まきも実施しました。

終了後は、長久手温泉「ござらっせ」で一風呂浴びて、先輩を交えてのコンパです。
学生さん全員、5次選考まで苦労を重ねた後の内定ですから、喜びもひとしおです。

来年の4月1日の入社まで9か月ほどありますが、入社後スタートダッシュが出来るように、出来る範囲内で「マノモクスピリット」の浸透を図ります。

マノモクに入社して頂くと言う事は、本人の人生を預かったに等しい事です。会社のトップとして、新入社員の皆さんを誰一人の例外も無く「人生の成功者」に導くという重責を果たす事を改めて誓った、大切なコンパでした。

マノモクおうちパーク 代表取締役 真野穣司

平成26年6月22日

老舗:材木問屋さんの結婚式に参加

54-1-t1 54-2-t1 54-3-t1

創業320年を誇る、老舗材木問屋の社長さんのご子息の結婚式にお招きを頂きました。

参加者名簿が、なんと冊子です!
歴史が古い上に、大きく事業展開をしていらっしゃるだけあって、何と400名ほどの皆さんが参加されていました。
端から会場を眺めると、一番遠くは霞んでいるほとです。(笑)

320年前と言えば、お江戸元禄時代真っ盛りです。
その後、明治維新、日清・日露戦争、大正時代、第一次・第二次太平洋戦争、満州事変、世界恐慌、終戦、バブル、バブルの崩壊、などの大事件を経てもなお、今、まさに会社が存在するのですから、本当に「奇跡」ですね。

マノモクGは、昭和14年創業、今年で75年ですがまだまだひよっこです。

100年単位の歴史観を持って、事業経営に取り組もう!、と決意することの出来た1日でした。

マノモクおうちパーク 代表取締役 真野穣司

53件