HOME > 施工事例 > ユニットバス交換で洗面室と浴室の段差をなくしました
施工事例

ユニットバス交換で洗面室と浴室の段差をなくしました


水廻り工事

工事内容ユニットバス交換
リフォーム期間4日間
価格約128万円

リフォーム前のお風呂も、築33年とは思えないくらいキレイに使われていました。
新しいお風呂には、TOTO サザナ 魔法びん浴槽・換気乾燥暖房機・手摺を採用しました。

軽量鉄骨なので要注意です。

解体は少し時間が掛かりました。

リフォーム前のルーバー式窓。

リフォーム後は引違い窓&格子を付けました。

元々は2つ穴式の給湯器でした。

給湯器は「リンナイ RUF-E2005SAW(A)エコジョーズ」に。

リフォームアドバイザー

真野勝安

リフォームをご検討されたきっかけは、「洗面室と浴室の段差をなくし、冬は暖かく入りたい!」でした。浴室の窓はルーバー式だったので引違窓に変更し、格子も付けました。
浴室は元々ユニットバスでしたが、セキスイハイム様のお宅は床下に鉄骨があるため、注意しなくてはいけません。幸い、解体も順調に進み、お客様に喜んでいただけたので良かったです。
ご希望通り段差もなくなり、冬は暖かく入っていただくことが可能になりました。